日本臨床発達心理士会滋賀支部

このブログは、日本臨床発達心理士会滋賀支部会員相互、
地域の皆さんとの交流をめざしています。
CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
ごっこ遊び、黎明す!
0

     

     ある日、すいた電車で帰路についていたとき、携帯が鳴って娘からの電話。

     「お母さん、お母さん!お母さんがCoCoを寝かせつけるときに歌っていた歌なんていう歌!?」と電話の向こうで娘がテンション高く尋ねてくる。

     

        CoCoは娘の娘。私の初孫。

     

        私は娘に「コニー・フランシスって言う人のWhere the boys are って歌。日本語ではボーイハントって題で伊東ゆかりって人が歌っていたらいしわ」と答え、「なんで?」と尋ねると「あのね、あのね、CoCoがね、ひとりで熊のぬいぐるみを抱いて背中トントンして何か歌っているのでよく聞いたら、うぇ〜ざ ぼいずあ〜 ってその歌を歌っているねん♪」とのこと。

     

       これは、孫娘が1歳6か月の時のこと。孫と私は別居だが、生後ひと月は娘が我が家に戻ってきていた。孫が生まれた時からずっと寝かせつけるとき私は、スィングする感じのこの歌を歌い続けていた。不思議とこの歌を聴くとおとなしく寝つくのだった。そして娘が電話をくれた時、孫は普段自分を抱いて歌ってくれている人になりきって遊んでいたというのだ。これが孫娘の人生初の成りきり遊び、つまり【ごっこ遊び】だったかもしれない。

     

       1歳9カ月のとき、彼女は私の不要なたくさんのポイントカードをポーチから出して一枚ずつ、炬燵を挟んで座っている私に渡してくるという遊びを飽きもせずに繰り返しやっていた。何がそんなに面白いのか、とても楽しそうである。良く見ているとカードを私に渡すときにいちいち「マス」といってぴょこんと膝を曲げている。そして10回に一度くらい腰をかがめてしゃがんで炬燵の下から何かを取る仕草をする。

     

        私はハッと閃いた。これはレジごっこなのではないか?「マス」といっているのは「ありがとうございマス」。膝を曲げているのは会釈。そしてレジの人がポイントカードをお客に返すところを繰り返している?時々しゃがむのはレジの人がレジ袋を取る仕草?

     

        そこで私はそれまで機械的に受け取っていたポイントカードをちょっと演技的に「どうも〜」と言って受け取るようにした。すると孫娘の表情がパっと明るくなって、今までも楽しそうだったその遊びがもっともっと楽しいというように満面の笑顔で遊び始めた。「マス」の声がそれまでよりも高くなった。そして膝を曲げる仕草がもっと劇的になった。やっぱりそれは【レジごっこ】だったのである。

     

        自分だけが【つもり】になっているのも嬉しいものだったようだが、その【つもり】に気づいてもらって、その【つもり】の世界を共有して遊び合うことがもっともっと楽しいという経験をしたようだった。

     

        興に乗ってきた孫は時折、複数のポイントカードを一度に持って「いち、に、さん、し、ご、ろく・・・」と言う。多分、一万円札を受け取ったレジの人が千円札を数えながらおつりを渡す真似をしているのだと想像できた。

     

        彼女は赤ちゃんのころから毎日、専業主婦である娘に抱かれて西友やジャスコに買い物に連れて行かれるのが日課だった。レジの人は孫にとって毎日毎日、マニュアル的な動きを見せてくれるパターン化された動きをする、真似しやすいモデルだったのだろう。

     

        加えてこのころ、彼女は、今まで登っているだけだった家庭用のジャングルジムにタオルをかけて「おせんたく」と呟くようにもなっていた。これも初めて見る彼女の動きだった。

       たぶん、今、この時期が彼女の〖ごっこ遊び〗の黎明期なのだと思う。

        

        “発達”を生業にするおばあちゃんにとって、孫の【ごっこ遊び】の黎明を目の当たりにできることはちょっと嬉しい経験だ。

     

    山本千華子(大津市役所)

     

     

    | 会員エッセイ | 05:48 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
    最近思うこと
    0

      びわこ学院大学教育福祉学部

      後藤真吾 

       

       最近思っているところをとりとめもなく記すことにします。
       近年、医療の世界を中心にエビデンスということを良く耳にするようになりました。 特別支援教育においてもエビデンスを求めるような言説がひろく聞かれるようになってきました。
       エビデンスということが、あたかも子どもへの取り組みのお墨付きを与えるかのような印象です。しかしここで少し立ち止まって考えてみると、教育にエビデンスを求めるということができるかという疑問が浮かびます。
       英語のevidenceは、証拠・根拠、証言、形跡などという意味になるようです。

       医療分野においては、治療法が対象となる疾病に対して、効果があることを示す証拠や臨床結果などのこというようです。この場合、疾病の原因や発症のメカニズムなどが詳細に明らかにされている場合には、それに対する治療法のエビデンスを求めることは合理性があるように思われます。この場合は疾病も治療法も常数として扱えると考えるからです。
       一方、教育においてはどうでしょう。教育は子どもと教師、さらにはその子を取り巻く友だちとの相互関係で成り立つ営みということができます。この場合、対象となる子どもをいくらアセスメントしたとしても、子どもの全体を把握できるわけではありません。その子どもに対応する教師が行なう教育活動にしても、たとえ中身が同じであっても、教師自身が男か女か若いかベテランかなどの複数の要件によってそのタッチや意味合いは変わってくることは経験則として疑えないことだと思います。また、子どもも教師もその時の情動で具体的に示す行動は違ってきます。つまり、対象も対象に働きかける教師も変数ということがいえると思います。変数の乗数が一定の値を取ることは考えられないことになります。
       こうしたことを考えると、そもそも教育活動にエビデンスを求めること自体が無理なことであるということがいえるのではないかと思います。
       特別支援教育においては、子どもに診断名を付け、その診断名が付けばあたかもどの子も同じ子どもであるかのように、「これこれの障害の子どもには、これこれの方法を用いて課題に取り組ませると、これこれの成果がでます」などという短期の実践報告や研究が発表されます。ほんとうにこれで良いのでしょうか。日々真摯に実践を重ねている実践者の実践感覚と大きくズレているように思います。
       ある意味「一期一会」の教育実践においてはそもそもここでいうエビデンスということそのものがそぐわないのではないか、そういうことが気になり出したこの頃です。教育における智というものはもっと別のところにあるのではないかと思っています。しばらくこのテーマを探ろうと思います。

      | 会員エッセイ | 07:00 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP