日本臨床発達心理士会滋賀支部

このブログは、日本臨床発達心理士会滋賀支部会員相互、
地域の皆さんとの交流をめざしています。
CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
ただいま、滋賀支部ブログは、メンテナンス中です。
0

    ただいま、滋賀支部ブログは、メンテナンス中です。

     

    これまでの記事は、http://blog.jocdp-shiga.main.jp/

    でご覧ください。

    | - | 07:00 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
    最近思うこと
    0

      びわこ学院大学教育福祉学部

      後藤真吾 

       

       最近思っているところをとりとめもなく記すことにします。
       近年、医療の世界を中心にエビデンスということを良く耳にするようになりました。 特別支援教育においてもエビデンスを求めるような言説がひろく聞かれるようになってきました。
       エビデンスということが、あたかも子どもへの取り組みのお墨付きを与えるかのような印象です。しかしここで少し立ち止まって考えてみると、教育にエビデンスを求めるということができるかという疑問が浮かびます。
       英語のevidenceは、証拠・根拠、証言、形跡などという意味になるようです。

       医療分野においては、治療法が対象となる疾病に対して、効果があることを示す証拠や臨床結果などのこというようです。この場合、疾病の原因や発症のメカニズムなどが詳細に明らかにされている場合には、それに対する治療法のエビデンスを求めることは合理性があるように思われます。この場合は疾病も治療法も常数として扱えると考えるからです。
       一方、教育においてはどうでしょう。教育は子どもと教師、さらにはその子を取り巻く友だちとの相互関係で成り立つ営みということができます。この場合、対象となる子どもをいくらアセスメントしたとしても、子どもの全体を把握できるわけではありません。その子どもに対応する教師が行なう教育活動にしても、たとえ中身が同じであっても、教師自身が男か女か若いかベテランかなどの複数の要件によってそのタッチや意味合いは変わってくることは経験則として疑えないことだと思います。また、子どもも教師もその時の情動で具体的に示す行動は違ってきます。つまり、対象も対象に働きかける教師も変数ということがいえると思います。変数の乗数が一定の値を取ることは考えられないことになります。
       こうしたことを考えると、そもそも教育活動にエビデンスを求めること自体が無理なことであるということがいえるのではないかと思います。
       特別支援教育においては、子どもに診断名を付け、その診断名が付けばあたかもどの子も同じ子どもであるかのように、「これこれの障害の子どもには、これこれの方法を用いて課題に取り組ませると、これこれの成果がでます」などという短期の実践報告や研究が発表されます。ほんとうにこれで良いのでしょうか。日々真摯に実践を重ねている実践者の実践感覚と大きくズレているように思います。
       ある意味「一期一会」の教育実践においてはそもそもここでいうエビデンスということそのものがそぐわないのではないか、そういうことが気になり出したこの頃です。教育における智というものはもっと別のところにあるのではないかと思っています。しばらくこのテーマを探ろうと思います。

      | - | 07:00 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP