日本臨床発達心理士会滋賀支部

このブログは、日本臨床発達心理士会滋賀支部会員相互、
地域の皆さんとの交流をめざしています。
CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< はじめまして、滋賀支部の山崎 真義(やまざき まさよし)です。 | main | 第12回日本臨床発達心理士全国大会「関係性を築き、支える臨床 発達支援の可能性」に参加してー自己理解のサポートと『つな ぐ』役割― >>
初めまして、こんにちは。体を使って遊ぼう 「にじいろKids」代表です。
0

     

    私たちの地域活動について

     私たち、体を使って遊ぼう「にじいろKids」と滋賀県立大学の学

    生活動サークル「にじいろKids」は、地域の親子と学生とが一緒にトラ

    ンポリンを中心とした運動遊びを楽しんでいます。子どもたちに

    楽しいこと、大好きなことから自信をつけて行ってほしいと願うこ

    の活動は、今年で6年目を迎えました。

     

      地域の中には様々なスポーツクラブやお稽古事など運動に親しむ

    機会はいくつもありますが、集団行動の運動があまり得意ではない

    子にとってはなかなかなじめないこともあるようです。成長や成果を求め

    られる場だけでなく、こどもの成長やペースに合わせて楽しめる

    場がたくさんあるといいなと感じています。

     

     私たちの活動の中で最も大きな役割を果たしてくれているのが大

    学生の皆さんです。少し歳の離れたお兄さん、お姉さんの存在は絶

    大です。同年齢の友達同士では関わることが難しい子どもも、大学

    生が間に入ってくれることで関係が上手くいったり、恥ずかしがら

    ないで自分を出すことができています。学校では緊張して自分を出

    すことが難しい子も、ここでは本当にリラックスして

    ありのままの自分を表現してくれるように感じます。子どもたちは、一緒に

    遊びこんでくれる人が大好きですし、そんな人だからこそ、ココロ

    を許せる間柄になるのかも知れません。

     大学生の皆さんが一緒に汗だくになりながら遊んでくれる姿から

    私たち保護者もたくさんのことを学ばせてもらっています。日常生

    かつにおいて関わることがないであろう大学生と地域の子どもたち、

    また保護者との繋がりが持てるこの活動は、私たちの他からであり、こ

    のような活動の場が地域にもっともっと増えていって欲しいなと願

    っています。

     

    ♪学生のブログ♪

     

    10月1日宇野先生講演会に寄せて

     人は皆それぞれ姿形、性格が違うように、認知にも個性がありま

    す。その特性の幅によって、学校の一斉授業では理解をするのに時

    間がかかったり、なかなか理解が進まなかったりする子どもがいま

    す。多様な学習方法が保証されない中でも、なにより一番がんばっ

    ているのは、その子自身なのではないでしょうか。

     

     私は、この子たちの「今」が一番大切だと感じています。「今」

    できなければ、次もやりたいという意欲をもつこと、また、そのや

    る気を持続することはとても厳しいのではないかと感じています。

    どの子も、できるようになりたい、わかるようになりたいという気

    持ちを強く持っています。しかしながらまだ経験の浅い子どもたち

    が、自分でその方法を見つけ、手段を選択することはとても難しい

    ものです。

     学習面においては、個人の努力不足ととらえられる傾向があり、

    まだまだ学習障害に関しての認知度は低く、個に応じた具体的な方

    法を見つけることも難しいため、子どもの成長速度に見合った支援

    を行うには至っていない現状があるのではないかと危惧していま

    す。

     

     このたびの講演会を経て、一人でも多くの子どもたちが、自分の

    力を信じ、発揮し、書か焼ける場が広がっていきますことを切に願って

    います。

     

    体を使って遊ぼう「にじいろKids」代表/保護者

    (日本心理学会会員、認定心理士)

    | 地域から | 15:12 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
    コメント
    コメントする