日本臨床発達心理士会滋賀支部

このブログは、日本臨床発達心理士会滋賀支部会員相互、
地域の皆さんとの交流をめざしています。
CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 一人ひとりを大切に育てる保育を!  | main | 2018年2月、雪の湖岸で・・・ >>
人とのかかわりの中で子どもも大人もともに育ちあう
0

    彦根おやこ劇場
    事務局長  福原美智子

     

     

     子ども達がテレビづけにされつつあった1966年、子どもを取り巻く状況に不安をもった福岡の母親や青年たちが、子どもたちの健やかな成長を願い『おやこ劇場』を始めました。やがてその活動は全国へ広がり、そして、彦根へも…。彦根おやこ劇場は、今年で設立28年を迎えます。

     主な活動は生の舞台芸術の鑑賞を行う「例会」と、子どもが「やりたい」ことを実現する「自主活動」です。内容に応じて0才から青年、大人の会員が集います。そこでのかかわりを丁寧にみながら、ひとり一人を理解し、子どもも大人もともに育ちあうことを目的に活動を行っています。

     

     「例会」では生の舞台をあじわうことはもちろんですが、例会の前・後をどのように迎えるかということも大切にしています。

     子どもも大人も意見を出し合い作品を選ぶところからスタートします。子どもも役割を担い、プレゼント準備、看板づくり、司会など、準備の段階から仲間とかかわり公演を心待ちにします。当日の受付では、「久しぶりやね。」「大きくなったね。」と、言葉が飛び交います。小さな時から我が子とともに育ってきた子どもたちだからこそ、心からそんな言葉があふれてきます。そして、会場にはいつもの仲間と楽しそうに居る子どもたちの姿がみられます。「一緒にいるだけで楽しい!」「隣で笑うと、自分も楽しくなる!」そんな空気が漂います。

     

     公演後は、一緒に観た仲間と感想を話すことも楽しみの1つです。舞台を観て感じた事はすべて「正解」という大前提のもと、感じたことを話します。自分とは別の視点が新鮮だったり、同じ場面においても「そんなとらえ方もあるんだ。」と相手と自分の違いにも気づくきっかけにもなるようです。

     

     子どもの「やりたい」を実現する「自主活動」は内容に応じて、サークル(小人数)、同学年、異年齢、地域など、さまざまな会員の繋がりの中で取り組みます。

     昨年12月、「小学生以上対象のクリスマス会」を行いました。これまでは、中学生が実行委員となり企画してきた冬の恒例行事でしたが、今年は違いました。事前の話し合いで、中学生が「今年は僕たちはしません。」と意思表明をしたのです。楽しみにしているであろう小学生たちの顔を思い浮かべると大人は心が痛みました。話し合いの結果ですからしようがない…と大人があきらめかけていた時、「僕たちがやりたい」と小学5・6の子どもたちから声が上がりました。子どもが「やりたい♪」となったときのパワーは最強です。そこからは、「自分たちらしいクリスマス会をしたい」と子どもたちが動き出しました。

     ケーキコンテスト担当(小5女子)は、どうすれば平等に生クリームがいきわたるか…ということについて3日間、話し合ったとか。なぜ、そこにこだわったかというと、以前に参加したクリスマス会で、自分の番に生クリームがほとんど残っていなかったことがとても嫌だったからだそうです。話し合いの様子を見守っていた母さんによると、「大人には何てこともない事をあれこれ話し合う姿がとても面白く、なによりお互いに安心して意見を言える関係がとても良くて、そんな関係がうらやましいくらいでした。」とのこと。

     また、ゲームのタイムキーパー担当(小5女子)では、ただ時間を測るだけでは面白くないから、その時間、楽器を演奏しようということに決まりました。なにかと放課後も忙しい最近の子どもたちですが、親と交渉もしながら時間をつくり、何度も集まって演奏の練習をしていたとか…。当日は参加者から大喝采をうけ、生き生きと演奏をしていました。

     

     「学校ではみんなの前に出たくないけど、劇場やったらできる」そんな言葉を子どもたちから耳にすることがあります。そう言いながら劇場で経験を重ね、自信をつけていく子どもも少なくありません。「私はこうしたい」「私はこう思う」といえて、自分を発揮できる場があることは、これからを生きる子どもたちにとって、本当に大切なことだと思っています。

     

     しかしながら、活動の中で、いつでも、どの子にもそのような場があるわけではありません。そして、子どもは日々成長し心も身体も変化し続けています。大人は、その都度、立ち止まりどのように子どもをサポートをするかを考えることが大切だと感じています。

     

     彦根おやこ劇場では、月に2回大人が話し合いの場を持ちます。活動中の子ども同士のかかわりや、その場での「気づき」を出し合います。その時の子どもの言葉、空気、様子を参加者全員で共有し、それぞれの視点からひとり一人の子どもに向き合い、その「気づき」をさらに深め、ひとり一人の子どもを理解していくことを大切にしています。同じ世代の子どもを持つ親であれば、その子どもの思いや、その親の思いに寄り添うことができたり、先輩お母さんからは、また違った視点からの意見を聞けたり、話し合いの場を共有した大人の数だけその気づきの幅が広がっていきます。

     

     我が子の周りで、自分の住む地域で、子どもひとり一人を丁寧にみて理解を深めあえる仲間が増えることは、とても素晴らしいことだと思います。 「子どもの関わりを見るのが面白い」「喧嘩もトラブルも大歓迎!」といいあえる仲間をこれからも、もっともっと増やしていきたいと思います。

     

     

    | - | 05:26 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
    コメント
    コメントする