日本臨床発達心理士会滋賀支部

このブログは、日本臨床発達心理士会滋賀支部会員相互、
地域の皆さんとの交流をめざしています。
CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 人は誰でも・・・ | main | 人とのかかわりの中で子どもも大人もともに育ちあう >>
一人ひとりを大切に育てる保育を! 
0

     私は、幼児の保育が大好きです。「誇り高い自分が一番!」の世界をもっている3歳の子どもたち。4歳から5 歳にかけて自信や戸惑いのなかをくぐりながらも、自分をコントロールする力をつけて良い自分を選ぼうとする とき。子どもたちのいろんな場面に出あう時の姿がとてもいとおしく思え、自分の大きな喜びに繋がって、元気 をもらうことができています。

     他方、この数年、発達に難しさを抱えた子どもたちの姿や大人への「安心」「信頼」という心の土台がなかなか 育ちきれていない子どもたちの姿を多くみるようになりました。そんな子供たちの姿に苦悩し、どんなにたくさ んの働きかけやさまざまな努力をしても、なかなか報われず、心身ともに、くたくたになっている自分もいます。、 保育士としての区切り、離職が頭をよぎることもありました。

     いつも「かっかっ」と怒っている A ちゃんは、ひとつ歯車が狂うと泣き叫び、友達を突き飛ばし、髪の毛を引 っ張ったり足蹴りをしたりと・・・叱ろうが、なだめようが、手をつけられなくなります。そして、その興奮が おさまり、その後しっかり受けとめてもらえることがわかると保育士にずっと「だっこ・だっこ」の要求で、 まるで赤ちゃんのような姿にかわります。また B くんも友達との関わりが難しく、一日のほとんどを友達への 「攻撃」的なことばや行為で終わる日がたくさんありました。「おもしろかった!」「やったあ!」とかクラスの 生活の手応えやおもしろさを感じることが難しいさまざまなハプニングの連続・・・。そして他の子どもたちに は、「我慢」をさせてしまう理不尽なことも多く、保育士として心が痛む日が続きました。また、自我の弱かった 子ども達がそれぞれに力をつけてきているために起きるもめごとも増えてきて、毎日どうすれば、どの子も楽し く気持ちよく保育園での生活が送れるだろうか?と考え続けた数年でした。

     さまざまに試行錯誤をしていくなかで、異年齢保育にたどりつきました。異年齢で活動や生活する日を一週間 のうち2日ほど始めると、なんと、A ちゃんが別人のような表情や姿をみせるようになりました。年上のお姉さ んにたくさん甘えさせてもらったり、その仲間に入れてもらうことが嬉しくて、遊びのなかで「少し我慢」をす るという姿を見せ始めたのです。同年齢では、なかなかできない自分の気持ちのコントロールが異年齢の中でな ら、可能になる場面がたくさんあり、良い自分を選び感じられることがふえてきました。他の子どもたちも同様 に落ち着き、とてもリラックスしている姿をみせるようになりました。

     以前は、保護者と同じ方向を向きながらの子育てを基盤に、保育実践をあれこれ考えながら行ってきたのです が、近頃はそのこともままならない局面が多くあります。子どもたちの心の育ちは今の同年齢保育だけでは、も う対応しきれないところにきているのでは?・・・そして、今まで私たちが、抱いてきた保育観を根本的に見直 す時が来ているのでは?・・・。そのようなことを強く思うようになり、保護者との話し合いを重ねながら、5 年目の昨年度から、社会福祉法人どんぐり会どんぐり保育園(彦根市川瀬馬場町)では、思い切って異年齢(3, 4,5歳児)の縦割りクラスを編成し、それぞれのの部屋は、自宅の部屋家のようにリラックスできることをねら いとしながら、クラスではなく「おうち」として保育をすすめることになりました。

     異年齢集団での生活は、なんとなくお互いを無条件に認め合う雰囲気があります。どの「おうち」も毎日を子 どもたちが落ち着いて楽しく過ごしています。異年齢集団は、年齢でなく個人差に応じて遊ぶということで、同 年齢での活動についていくのがしんどい子どもや、発達や心の育ちに問題をかかえている子も、自分の要求や個 性が認めてもらいやすく居心地の良い場であるということを、異年齢で過ごす子どもたちの姿を通して感じます。 同年齢集団の中では、どうしても競争的な関係が多くなり行動や気持ちのコントロールが難しく、なかなか自分 に自信がもちきれずにいた子どもたちが、とても生き生きとした表情や姿をみせたりもしています。乳幼児期は、 人として育っていくかけがえのない大切な時期で「安心感」を土台に、育つ力を発揮していくと言われています。 家庭や地域でもさまざまな年齢層の人達と関わる機会が少ない今日の状況下では、保育の場で安心できる大人と の関係や幼児期の友達との豊かな関わりを通して、「人が好き」「友だち好き」「そしてなにより自分が好き」とい う自分を肯定でき、人を思いやる気持ちを大切に育てたいと思います。そして、「どんな子どもに・・」というこ とだけでなく、子どもたちの豊かな思春期、青年期を見通しながら「どんな大人に・・」と言うことに繋がるよ うに思います。

     私たちは、子どもは何かをできたりできなかったりしながら育っていくのだということを前提に子どもの成長 を幅広く見守る保育を大切にしたいと思います。子ども自身だけでなく、わが子の発達に不安を抱えておられる 保護者や保育士も、ともに気持ちを楽にして保育園にかかわる生活がおくれることを目指し、子ども、保護者、 保育士が本当の意味での「心の育ち」というものを実感できるように願っています。

     どんぐり保育園は、今年4月に滋賀県立大学の敷地をお借りして、「どんぐりけんだいまえ保育園」を開園しま した。乳児期では、育児担当保育を行いながら、人に対する信頼感をしっかり育てます。また、あたたかい人間関 係と秩序ある生活、良い絵本や優れた遊具に囲まれての豊かな遊びや良い環境を提供し、一人ひとりの子どもに しっかり目を向けて、「一人ひとりを大切に育てる」ことを大きな理念としながら、保育園をつくっていきたいと 思っています。                   

     

    社会福祉法人どんぐり会どんぐりけんだいまえ保育園  藤本 佳子

     

    | 地域から | 19:06 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
    コメント
    コメントする